2017年06月16日

地元・静岡市清水で愛されて30年、餃子が自慢の『清水蘭蘭』楽天市場店


静岡市清水区にある世界遺産「三保の松原」から見た富士山


2013年6月、プノンペンで開催された世界遺産委員会で「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」が世界遺産に登録されました。

その世界遺産に登録された「三保の松原」がある静岡市清水区には、地元から愛される中華屋があります。

名前は『清水蘭蘭』

本当は『蘭蘭』が正式な名前のようですが、楽天市場店は『清水蘭蘭』となっています。

開業は、今から約30年ほど前に遡り、元々は、餃子専門店として開店し、現在はラーメンやチャーハンといった定番メニューも人気となり、地元客を中心に支持されるお店。

なんと!年間に600,000個の餃子を販売する実績を持ち、それも通販ではなく「店頭売り」での販売数!

その『清水蘭蘭』が楽天市場にお店をオープンさせ、餃子の味を懐かしむ地元を離れた方や、全国各地の餃子を食べ歩くマニアにも、買いやすくなりました。

どんなお店なんでしょうか。

チョットご紹介します。


清水蘭蘭

出典:https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22012494/dtlphotolst/4/smp0/D-normal/

東海道本線・桜駅から直線距離で約1km、歩いて約15分ほどの場所にあります。

マンションの1階にお店を構え、駐車スペースは7台分以上用意され、遠方からのお客様や、天気の悪い時にも車で来られるような配慮も嬉しい。

気軽に入れるような親しみやすい外観で、初めての方でもすんなり入れそうです。





出典:https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22012494/dtlphotolst/3/smp0/D-normal/


店内はこんな様子。

テーブル席や小上がり席があり、ファミリーや仕事場の同僚とのランチはもちろん、厨房の目の前にはカウンター席もあるので、1人でも利用しやすくなってますね。



気になる清水蘭蘭の餃子とは


原材料を見ると、野菜がたっぷり入ったアッサリめの餃子のようです。

楽天市場店のレビューでも「10個は簡単に食べられる」と書いてあるので、肉汁たっぷりの餃子に比べると小さいお子さんや女性、高齢の方でもたくさん食べられそうですね。


>>『清水蘭蘭』のレビュー【食べログ】



内容量は80個と多めですが、冷凍状態で送られてくるので賞味期限の心配はなさそうです。

冷凍餃子の焼き方は、結構難しい印象ですが、『清水蘭蘭』の公式サイトには、焼き方のレシピも載せてあるので、これを見ながら失敗なくパリッと焼けそうですね。


>>冷凍餃子の焼き方【清水蘭蘭公式サイト】

送料無料です。





>>『清水蘭蘭』公式サイト


>>『清水蘭蘭』食べログ
[ここに地図が表示されます]
[ここに地図が表示されます]

posted by ミワ at 11:52| 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする